*

中野嘉大U-22男子サッカー日本代表候補について!

      2015/12/05

スポンサーリンク

中野嘉大リオ五輪世代U-22日本代表候補!!

こんにちはあなたのかつおです。2015年U-22男子サッカー日本代表に選出された。
中野嘉大選手について調べてみました。

スポンサーリンク

中野嘉大(ナカノヨシヒロ)(1993年2月24日生)鹿児島県阿久根市出身

身長176cm 体重66kg 川崎フロンターレ在籍 ポジション MF 背番号22

自他共に認めるドリブルに魅力があり、中盤ならどのポジションでもできるサッカーセンス
の塊のような選手です。大学時代の監督によるとフリーな状態で受ける事がチームで1番上
手い選手だったともコメントしています。

学生時代!

1999年阿久根市立折多小学校入学、6歳上の兄の誘いでAFCパルティーダU-12でサッカ
ーをはじめます。

2004年小学6年時、着実に力をつけていきチームの中心選手として、トップ下のポジ
ションで活躍します。

2005年阿久根市立三笠中学校入学、AFCパルティーダU-15に入団します。U-12、U-15
では全国の大会には無縁でした。ただ個の技術を伸ばし、ひたすらドリブルの力をつけるこ
とに重きを置いた指導方針のチームの中で、今のプレースタイルを確立します。

2007年中学3年時、中学1年までは鹿児島実業に進学したかったが、だんだん鹿児島実
業の力が落ちてきたのと、パルティーダ出身の先輩達がなかなか活躍できない姿を見て、
鹿児島実業の魅力が自身の中で徐々になくなってきたとコメントしています。

そしてパルティーダの先輩、赤崎秀平(鹿島アントラーズ)、中原秀人(アビスパ福岡)が
進学しており、パスを繋いで自由にやらせてくれるチームと聞いていたのと、その年高校総
体でベスト8にいったこともあり、佐賀東高校に進学することを決めます。ちなみに練習試
合で鹿児島実業と佐賀東高校対戦し佐賀東高校が勝利している事も進学する決め手にもなっ
ています。

スポンサーリンク

2008年佐賀東高等学校入学、サッカー部寮の朝練のフットサルで技術を磨いたとコメン
トしています。

2010年高校3年時、最後の高校総体県予選では半月板を痛めながら決勝戦まで行くもの
のロスタイムで佐賀北高校に決められ、準優勝と悔しい思いをしました。

進学に対して赤崎秀平選手が行っている筑波大学の事をいろいろと聞いていたので、筑波大
学に進路を決めました。

2011年スポーツ推薦で筑波大学に進学します。2年生になる直前でレギュラーのポジシ
ョンを掴むことができました。

2013年大学3年時、茨城県代表として挑んだ天皇杯2回戦対柏レイソル戦でチームは負
けましたが、ドリブルでレイソル守備陣を4人剥がした後GKとの1対1を制して得点を決め
る大活躍します。この時プロでもやっていける自信になったとコメントしています。

2014年大学4年時、10番の背番号をつけチームを牽引する中心選手となり活躍しま
す。しかしチームは関東大学1部リーグでは11位の成績で2部降格となってしまいまし
た。

自身の活躍が認められ川崎フロンターレからオファーがあり入団が内定します。

プロとして!

2015年筑波大学から川崎フロンターレに入団します。8月J12ndステージ第8節対
湘南ベルマーレ戦でリーグ戦デビューします。その後9試合に出場

代表歴!

2015年U-22日本代表

最後に!

はじめての代表ですが、大学時代からの活躍で注目され、プロになり1stステージはなか
なか出場する機会に恵まれませんでしたが、自身もコメントしている通り、常に向上心を
もって取り組んだ結果、2ndステージ後半からの活躍につながり代表に選出されたのでは
ないでしょうか。辛口なコメントをする大久保嘉人選手が太鼓判を押す逸材ですので、最終
予選での大活躍を期待せずにはいられません!そして日本代表の予選突破につながるようよ
ろしくお願いします!!

参考文献 ウィキペディア 川崎フロンターレ公式サイト スポーツナビ 川崎フロンターレ公式サイトFスポット

スポンサーリンク

 - サッカー, 日本代表 , ,